健康と幸せの追求を考える子育て中眼科医のブログ

家族関係や心理学を学びながら、うつの経験もこっそり生かして心の健康を大事にしています。

ロジカルクッキングハウス

先月、引っ越しをしました。

中古マンションをリノベーションしたのですが、

その時にこだわった点がいくつかありました。

 

①調理家電を使いまくれる家にする

料理は食材の温度管理が肝、だとすると、直火よりもテクノロジーの力を用いて

家電に任せた方が優秀になってきています。

確かに、土鍋で炊いたご飯は美味しくて、炊飯器より良いという意見もあるのですが、

料理にかけられる時間が少ない私としては土鍋ごはんはハードルが高い(以前はよくやっていましたが)。

同様に、お味噌汁も沸騰しないように気をつかうよりも温度管理してもらったほうが確実ですし、蒸し料理もお任せした方が火にかじりついている必要がなくなるのです。

 

昨年から少しずつそろえてきた調理家電たち。

以前の家では置き場所がなくてホットクックとホームベーカリーがせいぜいでしたが、

最初から設置場所を作ったので随分使いやすくなりました。

煮込み自慢を追加して、炊飯器やレンジと並べ、同時に動かしてもブレーカーが落ちないように設計してもらいました。

ほったらかしで料理ができるのは、出来上がるまで他の家事もできますし子供とも遊べるので便利です。

 

②ルンバブル

完全にどこもかしこもルンバブルというわけにはいかなかったのですが、

なるべくルンバが通れるようにしました。

ソファを買うときにも、下をルンバが通れるように作られたものを選ぶことができます。

また、我が家はフローリングではなくてマーモリウムという素材で床を作ったので、

溝がない分清潔を保ちやすい点も気に入っています。

マーモリウムは病院や保育園の床としてよく使われているそうですよ。

https://www.forbo.com/flooring/ja-jp/cqtjml

 

③リビングとお風呂の間がウオーキングクローゼット

思い切って、洗面所をお風呂の横に設置しませんでした。

洗面所はリビングから近いところにし、

その奥に廊下かつウオーキングクローゼットかつ脱衣所になるスペースを確保、

その先に洗濯機を設置しました。

また、この洋服スペースは寝室ともつながっていて、着替えを楽にしています。

 

家事が楽になる動線を考え抜いたおかげで、

随分と時間の節約になったと感じます。

中古マンションリノベーションは今流行していますが、

せっかくなのでデザインだけではなくて生活しやすさを重視されることをお勧めします。